スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売られた花嫁マリー・ルイーゼ

1810.jpg

ハプスブルグ家の皇女として1791年12月12日に生まれたマリー・ルイーゼ
(ドイツ語だとマリア・ルドヴィカ、イタリア語だとマリア・ルイーザ)

時はフランス革命、そしてナポレオンの登場で欧州動乱の時期と重なり、
皇女として生まれたにも関わらず、亡命生活を余儀なくされる日々。
住んでいたシェーンブルン宮殿をナポレオンに侵略され、
二度に渡って追い出され、ハンガリーやボヘミアなど
中欧を点々とする幼少時代。
彼女にとってナポレオンは「憎き戦争屋」以外の何ものでもなかった。

ナポレオンには当時ジョゼフィーヌ皇妃がいたが
浮気性で派手な生活を好む彼女との間に子供が出来なくて悩んでいた。
そしてフランス皇帝として跡継ぎをもうけられない皇妃とは
別れる」と決意。

josephine.jpg
 (ジョゼフィーヌ/ナポレオンの最初の妻)

跡継ぎを産む事でしか地位を確定できなかった当時の女性には
心が詰まる思いだが・・・
どこの国でもこういう状況だったのだろう。

そしてなんとナポレオンは、この自分が攻め入ったハプスブルグ帝国の皇女
マリー・ルイーゼをフランス皇妃として迎えたい!と言ってきたのである。
もちろんマリー・ルイーゼは「絶対にイヤです」の一点張り(当たり前!)

しかし悲しいかな、彼女が「NO」と言う事で、ハプスブルグ帝国が再び
ナポレオンを敵にして、メッタ打ちにされ、没落の一途を辿る事に・・・
帝国の没落か、皇女の犠牲か・・・
政治家や皇族の答えは火を見るより明らかである。

マリー・ルイーゼは父フランツ皇帝から、メッテルニヒ外相から、
「国家の事をまず第一に考えなくてはならない・・」と言われ続け
悩んだ挙げ句、ナポレオンと結婚する決意を固め、
1810年4月2日、ルーブル宮で結婚式が行われた。
マリー・ルイーゼ18歳、ナポレオンは40歳
所詮、皇女1人が悩んだところでどうにもならない運命だった。

181042.jpg
 (ナポレオンとマリー・ルイーゼの結婚式)

彼女の大叔母はあのマリー・アントワネット
政略結婚でフランス王妃になり、そして断頭台の露と消えてから、
まだ17年しか経っていなかった。
結局当時の王族や貴族の娘にとって親に従順に従い、
政略結婚して子供を産む・・・
ハプスブルグ家では特にそういう風に教育されてきて、またそれ以外に
彼女たちが生きていく道はない。

1812.jpg

1812MariaLuigia.jpg
(1812年頃/フランス皇妃マリー・ルイーゼ)

ただ男女の仲は分からないもの。
憎き男に「売られた」花嫁だと思ってハプスブルグ家では
マリー・ルイーゼに同情していたのだが・・・実はそうでもなかったようだ。

ナポレオンは戦争ばっかりして支配欲が強く、人殺しばかりしている、という
軍人としての面では彼女にとってマイナスだが、夫としては優しく
気のつく男性だったようで
次第にマリー・ルイーゼは彼に惹かれて愛するようになる。
女性にとってはなかなか魅力的な男性だったのかもしれない。

そして待望の男児ナポレオン2世が誕生!

Reichstadt.jpg
    (ナポレオン二世)

ナポレオンは自分の息子が生まれた時、はらはらと涙を流して喜び、
回りの人達がその光景を見て感動するほどだったと言われている。
そして子煩悩ぶりを発揮し、子供との時間を大切にしていたようで
そういう事からもマリー・ルイーゼの、彼への気持ちは
増々強くなっていったと思われる。

1839.jpg
(1839年頃/パルマ公妃のマリー・ルイーゼ)

しかし幸せの日々もそう長くは続かない。
その後のナポレオンの没落は、あまりに有名な歴史事実だ。
マリー・ルイーゼは息子と共にまた亡命の日々を迎えることになった。

結局またもや運命に流されたマリー・ルイーゼは
イタリアのパルマ公国女王として第2の人生を歩む事に。

1821年にナポレオン死去、そして1832年21歳という若さで
息子ナポレオン2世を結核で亡くし、イタリア統一運動が激しくなる1847年
マリー・ルイーゼも56年の波乱に満ちた生涯をパルマで終えた。





スポンサーサイト

テーマ:歴史雑学 - ジャンル:学問・文化・芸術

カスティリオーネ伯爵夫人

Contessa di Castiglione

第二帝政時代のフランスでウージェニー皇后のライバルだった
カスティリオーネ伯爵夫人をご紹介。
個人的にもとても気になる存在である。

悩ましい写真が目を惹く・・・
彼女の瞳は薄い紫がかった青緑色だったと
言われていて、それを想像するだけでも
かなり魅力的な貴婦人だったと勝手に思っている。

La Divine Comtesse: Photographs of the Countess de Castiglione (Metropolitan Museum of Art Series)La Divine Comtesse: Photographs of the Countess de Castiglione (Metropolitan Museum of Art Series)
(2000/09/10)
Mr. Pierre Apraxine et al.

商品詳細を見る


L'amante dell'imperatore. Amori, intrighi e segreti della contessa di CastiglioneL'amante dell'imperatore. Amori, intrighi e segreti della contessa di Castiglione
(2001/03)
Arrigo Petacco

商品詳細を見る


カスティリオーネ伯爵夫人、ヴィルジニア・オルドイーニ
1837年3月23日フィレンツェ
フィリッポ・オルドイーニ侯爵とイザベッラ・ランポレッキ夫人の娘として
生を受けた。
まだイタリアは統一された国ではなく、各地でリソルジメント運動が
盛んに叫ばれるさなか、という状況。

cavour.jpg
    (カヴール宰相)

ヴィルジニアは17歳になる少し前、1854年1月9日
カスティリオーネ伯爵と結婚し息子ジョルジョを授かる。
1879年に天然痘で死亡)

彼女の従兄にカヴール宰相(後のイタリア王国初代首相)がいて、
イタリア統一に強国フランスの協力なしでは成しえないと
考えていたカヴールは美しく成長したニッキア(ヴィルジニアの愛称)に
「貴女の持てる限りの”武器”を使って
ナポレオン三世に協力を仰いでください」と依頼。

そしてニッキアは嬉々としてパリへ向かった。
(しかも旦那も一緒に!!!)
ヨーロッパの宮廷で「もっとも美しい貴婦人」として
一世を風靡したヴィルジニア。
ナポレオン三世の妃、ウージェニー皇后も
気が気でなかったに違いないだろう。
なんせ当時ナポレオン三世といえば女たらしで名を馳せていた。

怪帝ナポレオン三世 第二帝政全史 (講談社学術文庫)怪帝ナポレオン三世 第二帝政全史 (講談社学術文庫)
(2010/10/13)
鹿島 茂

商品詳細を見る


そしてニッキアの”ミッション”は滞り無く進んでいく。
ある晩のパーティーでの事、ウージェニー皇后は来客への招待状に
「湖畔の散策などありますので、襟の高いドレスを着て来てください」と
書き添えた。
が、しかしヴィルジニアただ一人、夜会服
(つまりデコルテが広く開いたドレス)で
現れた、というエピソードが残っている。

Empress Eugenie and the Arts: Politics and Visual Culture in the Nineteenth CenturyEmpress Eugenie and the Arts: Politics and Visual Culture in the Nineteenth Century
(2011/08/16)
Alison McQueen

商品詳細を見る


もちろん皇帝をはじめ、回りの男たちの視線を釘付けにした事は
間違いないだろう。
ウージェニー皇后は露骨にイヤな顔をした、という記録まで
残っているそうだ。

05.jpg
  (クリノリン・ドレスの全盛期!)

1856年にはナポレオン三世のお気に入り
コンピエーニュ城へもヴィルジニアは招待され、
ウージェニー皇后は一応「見て見ぬ振り」で黙っていた・・・が、
「夫のいつもの気まぐれですわ」と強気な発言。
しかし心中は嫉妬に狂っていた。

高慢で自信たっぷりのイタリア女ニッキアは、他の女性とは一切口を聞かなくなり、
いつもデコルテの大きく開いたドレスを身にまとい、
男たちの視線を一身に浴びていたのだとか。

皇帝からも5連にもなる美しく高価なパールのネックレス
プレゼントされたりして、いつの間にか皇帝の寵妃として
宮廷中を練り歩く日々・・・
壮絶なる女の闘いが繰り広げられていた事だろう・・・恐ろしや。

ヴィルジニアは日々こまめに日記をつけていたが、それがかなり面白い。
つまり「暗号化」されているらしく、
意味不明な数字の羅列などで一見して何を書いてるのか分からないが、
実は皇帝との逢い引きについてだとか、
その他の愛人たちの事についてだとか、まあ事細かに記していた。

もちろん彼女の本当の使命、イタリア統一の必要性
とくと寝物語に皇帝に聞かせ、その反応や彼の意見を逐一カヴールへも
報告していた。いわばスパイである。

ヴィルジニアには記録に残っている(つまり彼女の日記等から)だけで
43人もの愛人がいたと言われている。
同時進行も数人と、なかなかやり手のヴィルジニア。

しかし年々年を重ねるにつれ、美貌も(もちろん肉体も)衰える。
花の命は短くて・・・である。
ニッキアのように「蝶よ花よ」で生きてきた、
贅沢三昧の貴婦人には耐えられない現実だった。
晩年、彼女の部屋のは全て裏側を向けられていたとの
エピソードが残っているが、想像しただけでも痛ましい光景である。

1899年11月28日永眠。62年の生涯だった。

彼女の葬儀の日、イタリア大使館や警察は彼女の家を捜索し、
ナポレオン三世ロスチャイルド家
ビスマルク侯カヴールピウス9世に関する
様々な書類や書簡、手紙を押収して破棄したらしい。
つまり政界、財界、聖職界まで、イタリア統一
色々な思惑や取引が絡み合っていた証拠である。
それだけ何か「秘密」が隠されていたのだろうか。

そう考えるとヴィルジニアの”仕事”がいかに責任重大だったか、
ただただ気の合う愛人たちと快楽の限りを尽くしていたワケでは
なさそうだ。

そして彼女の暗号化されたいくつかの日記だけが残った。


テーマ:歴史雑学 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

マティルデ

Author:マティルデ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。